プロジェクトの本文から〜シリーズ①〜


お陰様でクラウドファンディング現在531500円ご支援いただいています。 CD制作費用約130万円の半分まで見えてきました。有難うございます。 100万円を目標金額としています(▰˘◡˘▰)

そこで私の思いを文章にした、ご一読してほしいシリーズを

全4回にしてアップしていきますね! まず①はご挨拶と懸ける思いです。

みなさん、こんにちは。ジャズヴォーカリスト高橋リエです。 神戸で生まれ育ち、2007年に神戸のGreat Blueでデビューして以来、神戸老舗ソネのレギュラー出演や、東京alfie、名古屋STAR☆EYESなど老舗ジャズハウス にも出演し、ありがたいことに、いつも満席になるのですが、出演する先々でCDは無いのか?まだかまだかと言われ続けられ12年。

年間120本のライブ、コンサート、イベントに出演する中で活動して以来、関西以外でも東京、名古屋、沖縄でもファンを獲得してきました。

SNSのオフィシャルページでは沢山のフォロワーやファンが応援してくれています。

ライブ以外で皆さんに歌声を聴いていただけるCD、作品がないのです。

一方、歌う料理研究家としても好評で、ファンの期待に応えるべく、料理本とセットでCDリリースしてほしいなどの声もあります。

港町神戸にアメリカからジャズが上陸し、約100年前の1923年(大正12年)に日本人プロバンド”井田一郎とラッフィング・スターズ"が初めてジャズを演奏したという日本のジャズの歴史をスタートさせてくれたお陰で、今も神戸のジャズクラブでは毎晩ジャズの生演奏が繰り広げられています。

しかし神戸のみならず全国的にジャズ人口の減少とリスナーの高齢化が進み、残念ながらジャズクラブも経営難に陥り惜しまれながらも閉店しています。

ジャズ文化の継承と神戸ジャズのこれからの繁栄のためには、20代~30代にもっと気軽にジャズの楽しさを知ってもらい、リスナーの裾野を広げる以外道はないと考えられます。

どんな場面にも、どんな食事にも合うのがジャズで、元々はダンスミュージックだったSwing Jazzの古き良き時代から令和にタイムトリップし、楽しく躍動感のあるSwing Jazz Orchestraのサウンドに乗って歌う神戸ジャズヴォーカルクィーン高橋リエのファーストフルアルバムCDをリリースし、

これまでのファンへの感謝と全国へ向けてこれからの神戸発ジャズの普及の一端を担いたいと思っています。

そしてこれからジャズシンガーを目指す人たちへ夢と希望を与えられるようなロールデルを目指したいと思います。 神戸ジャズクィーン『高橋リエ』ファーストアルバム制作プロジェクト~Swing Jazzの魅力~


Featured Posts
Recent Posts
Archive

© 2020 Rie Takahashi

  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon